くまとやまねこ

絵本「くまとやまねこ」に出会う

久々に
素の自分が喜ぶ
頭じゃなくて心で味わう
そんな本に出会いました。

夏休み、
私が仕事する横で
めちゃめちゃ暇そうだった娘を
気分転換に図書館に連れ出した日がありました。

その時なにげなく私が借りたのが
右の、宮下奈都さんの本。
宮下さんを初めて知ったのですが、
とっても好きな感じの文章、
自然で力のぬけた、
でも大事なことをぐっと捉えた考え方で
大好きになりました(*^^*)

その宮下さんが薦められていた絵本
「くまとやまねこ」。
子どもが大きくなって最近ちょっと遠ざかっていた絵本。
久々に買いました。
しかも、
好きな作家さんと、イラストレーターさんの組み合わせ!
(なんで知らなかったんだ〜〜と反省。)

帯の文章から引用します。
「突然、最愛の友だち・ことりをなくしてしまった、くま。
くらくしめきった部屋に、ひとり閉じこもっていたくまが
やがて見つけた あたらしい 時のかがやき」

昨夜、娘と一緒にベッドに寝転んで読みました。
・・・大事な大事な一冊になりました。

こういう、思わぬ出会いがあるのが
図書館のすばらしいところ!
図書館、大好き。

(Visited 98 times, 1 visits today)