IMG_8766

松浦弥太郎さんの「正直」

最近ちょこちょこ松浦弥太郎さんの本を読みますが、
これ、今までで一番好きだった。
寝る前に少しずつ大事に読みました。

心に残っているのは
「人はみんな“一人“であることを受け入れる。」
というところ。
寂しさを紛らわせたいから誰かと一緒に行動する、
のではなく
内にこもるのでもなく
まっすぐに自分を見つめる。ありのままの自分を知る。

そこには汚い自分もいたりして、
怖いことでもあるんだけど、
でも本当にそうだなあって思います。

人と比べるのではなく、
自分が今どれくらい成長したか計りたいときは
「過去の自分」と比べる。
というのは私の人生訓ですが
(なかなか難しいこともあるけど)
それに通じるなあ、うんうん、と
無言で頷きつつ読みました(笑)。

あと、全体に書かれている
「仕事への向かい方」
も、すごくためになる。
弥太郎さんいわく、
仕事とは「人を助けるもの」を探すこと。
自分がいちばん人の役に立てることは何かな?
それを考えて
ひとつひとつの仕事に向かっていきたいって
ぴしっと背筋が伸びる気分です。

(Visited 75 times, 1 visits today)