イラスト部分

支え合いのまちパンフレット [嬉野市]

2025年問題のこと、知っていますか?
今も高齢化は深刻ですが、
ちょうど2025年を境に
人口ボリュームのある「団塊の世代」が75歳以上を迎え、
今の介護制度や介護保険の仕組みが機能しなくなる・・・
という日本に住む私たちにとって
とても重要な課題です。
B5折りパンフ_表紙裏表紙OL

今回、ご縁あって、嬉野市が発行する生活支援体制事業の広報パンフレット
デザイン(イラスト)・ディレクション担当させていただきました。
嬉野市はコーディネーターさんをはじめ、積極的に取り組まれる機運があり、
同じ佐賀県に住む、別の市の住民としてはうらやましくなるほど。

佐賀県の中でも来る2025年問題にそなえ、
介護サービスだけに頼らない、地域で支えあえる、
また、ただ長生きするだけでない、
生涯「生きがい」を感じられるまちづくりに
立場や所属を問わず多くの方が力を入れてらっしゃいます。

今回、打ち合わせで
今の高齢化社会について、これから必要とされることについて
いろいろお話をうかがって勉強になることが多く、
両親ともに「団塊の世代」である私個人としても
本当にもっともっと自分ごととして考えなくてはいけないなと
気づかされることだらけでした。

B5折りパンフ_中面OL

まずはとにかく、たくさんの人に知ってもらうこと。
みんなが小さな一歩を踏み出すこと。
そのことの重要性をひしひし感じました。
現状を知った上での、みんなで助け合おうという「意識の共有」こそが
この大きな壁を乗り越えるのに
とっても大事なこと。

なのでこのパンフレットも、
知らない人にいかに「なんだろうな?」って知ってもらうこと、
何も知らない目線で、
重すぎず軽すぎず、ちゃんと伝わり、
何か自分にもやれることはあるかな?と思ってもらうこと。
そのことに心をくだいて注力しました。

未来のまちを多くの人が幸せを感じられる場所にしたい!
という担当者さんの想いが少しでも伝わりますように。
私も願っています。

(Visited 91 times, 1 visits today)